Serial Version UID

| コメント(0) | トラックバック(0)

Eclipse3.1で独自の例外クラスを作っていたら見慣れない警告文が出てきた。


The serializable class HogehogeException does not declare
a static final serialVersionUID field of type long

どうやら1.5からSerializableインターフェースを実装したクラスとバージョン番号 (serialVersionUID) を関連付けるようになったらしい。これにより受信側で変なオブジェクトを復元しないように検証できるとか。(InvalidClassExceptionが投げられるようだ)

このserialVersionUIDは別に宣言する必要はないが、なるべく明示した方がいい&スーパークラスのThrowableクラスでSerializableインターフェースを実装しているので、今回このような警告文が出てきた模様。

Eclipse3.1での解決法
 ->警告マークをダブルクリック。後は「Add default serial version ID」か「Add generated serial version ID」を選択。

#なんか直列化するのにますます手順がめんどくなってきた気がする。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/115

コメントする

このブログ記事について

このページは、Lyoが2005年9月15日 00:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ちょっと切り替え」です。

次のブログ記事は「最近はまっているモノ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261