ターミナルで走らせていたプロセスを他のターミナルでフォアグラウンドjobっぽく動かしたい

| コメント(2) | トラックバック(0)

昨日、無謀にも研究室のサーバC3 600MHzにKDE3を入れてようとしてリモートでportupgradeしてみたんですが
大方の予想通り、帰宅時間になっても全然終わらなかった。んでターミナルを切るのもどうかと思い、そのままwinマシンも放置して帰って(今思えばリモートでするべきじゃなかったかも)、昼研究室に来たらputtyしんでました...orz。

しょうがないのでputtyで再接続したらインストールが止まってる状態。
fgコマンドでフォアグランドjobにしたくてもターミナルが別扱いなので無理(´・ω・`)

fg [jobID]なんだよねぇ...。fg [PID]とかならいいのにぃと思った。(が、実際にこんなん使えたら恐ろしいことになりそうだ。)


---
某先生にscreenというソフトを教えてもらった。
コレ使えばプロセスが吐き出した内容を他の端末にも表示できる。便利そうなのでめもっとく。

とりあえずportupgrade -N misc/screenでインスト。
#追記[2006/10/27]:sysutils/screenに移動したようだ。

[使い方]
2つ端末を起動させて(ここではa,bとしておこう)
a:screen[enter]で起動。
時間のかかりそうなコマンドを打って(ここではtopと打ってみた)C-a,C-dと押してdetache。

b:screen -lsでプロセス番号調べましょう。
んで表示したいプロセス(さっきdetacheしたヤツ)を選んでscreen -r [PID]
ちゃんとtopコマンドで表示された内容が出てくるはず。

共有を切りたい場合はexitでscreenのターミナルを終了させる。


ん~、これ便利だなぁ。次回からリモートで時間のかかりそうなportupgradeするときはコレ使おう。
今回は...もう一回portupgradeしますλ...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/157

コメント(2)

screenのコマンドキーは変えておくのが普通みたい。
C-t, C-l, C-zあたりが使いやすい?うちはC-[。
1つしかdetachしてなければ単純にscreen -rで戻せるし、
複数上げてたら失敗してリストが出るからそれ見てscreen -r ...するとよいよ。
あとは複数の窓(タブ)を切り替えるのがscreenのメイン機能。他にもいろいろあるから説明を見るとよいとおもう。

なるほど。
まだまだ使いこなせてない感がありまくりなのでもうちょい調べてみよう...。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Lyoが2005年11月25日 12:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「THE HOUSE OF THE DEAD 4」です。

次のブログ記事は「ブラインドタッチバトン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261