TortoiseSVN

| コメント(0) | トラックバック(0)

EclipseのプラグインであるSubclipseを使ってファイルのrevisionを以前の状態に戻そうとしたのだが、なんかもどかしい。

いや、単にファイル単位なら問題なく比較や置換もできるのだが、ディレクトリ単位になるとそれができない。(ディレクトリを選択して右クリしても出てこないので多分まだ実装されてなさげ)

そんなわけでwinで利用できるもうひとつのSubversionクライアントソフトであるTortoiseSVN(とーたすえすぶいえぬ。なんでこの綴りでとーたすって発音するんだと思った私は英語がダメな人)をこのページを参考にインストールして試してみた。

最初はソフトが立ち上がるのかなーと思ったけどエクスプローラーに組み込まれるのね。前に構築した環境下でputty-agentに鍵が登録されている状態ならSSHに関する設定は何もしなくてもsvn+sshでレポジトリのチェックアウトができた。チェックアウトしたフォルダのアイコンには緑色のチェックマークが付く。フォルダの共有と似たような感じで見やすく、かつ使いやすくて良い。TortoiseSVNならディレクトリ単位で以前のrevisionに問題なく戻すことができた。

プログラムソースをEclipse使って編集しながら管理→Subclipse
単にデータファイル等を管理したい→TortoiseSVN みたいな感じで使い分けるとイイ感じかもしんない。
巡回セールスマン問題のマップファイル管理にTortoiseSVNを研究室内で広げてみようかなぁと思った。

#某nayuta先生からリファクタリング本をお借りした。
#FreeBSDの本と並行して読み進める予定。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/180

コメントする

このブログ記事について

このページは、Lyoが2006年1月 7日 02:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「変な動き」です。

次のブログ記事は「CD色々買った」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261