GeForce6150と改良RADEON XPRESS 200(RS482)

| コメント(0) | トラックバック(0)

秋葉原に買いにいったという話の続き。
以前から気になっていたGeForce6150を積んだマザー、ASUS A8N-VM CSMと、改良RADEON XPRESS 200(以下RS482)を積んだAopenのベアボーンが研究室に入ったので、発熱の観点から両者の比較をご報告。

GeForce6150...ノースが割と熱い。後、サウスのnForce 430が噂通り「これ、ヒートシンク無しじゃやばいんじゃねぇの?」というぐらい熱い。というか熱くて触ってられない。自分でチップ用ヒートシンクを用意した方がイイかもしんない。

RS482...GeForce6150と比べるとノースはめちゃくちゃぬるく感じる。サウスのSB450はちっちゃいヒートシンクがついていたが、これもnForce 430同様、やっぱり触れないくらい熱い(´A`;)
もう少し大きいヒートシンクを用意した方がよさげ。


まとめると

ノースの発熱 GeForce6150 >> RS482
サウスの発熱 nForce 430 ≒ SB450


SB450の発熱がRS482ぐらいだったら買いだった。どちらもサウスがなぁ...熱すぎる。熱すぎるチップは好きじゃない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/242

コメントする

このブログ記事について

このページは、Lyoが2006年4月26日 16:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「偽論文判別プログラム」です。

次のブログ記事は「ここ1週間」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261