次世代Opteron

| コメント(0) | トラックバック(0)

前にコア独立で電圧制御うんぬん言ってたが、Hammer-Info 2006/05/17の記事に気になるモノがあったので引用。

サンノゼのSpring Processor Forumのキーノートで、AMDのChuck MooreはK8Lについて、以前私がリークしたよりも少し詳細に述べるつもりのようだ。


コア毎に独立に電圧変更可能、コアと別にノース部分の電圧も変更可能

AMDは16日Spring Processor Forumで、2007年に出す4-core Opteronのプレビューを行なった。


この4-core Opteronの消費電力は90nm dual-coreと同程度 (90W)になる見込み。

65nmのコアは再設計され、IPCが改良され、FPUが増やされた。

省電力のための工夫として、使用されてないコアはシャットダウンできるようにした。

コア独立で電圧制御って難しい技術って言われていたので、コレには期待。
ただ、このような省電力機能がどのコア世代からEnableになるかはよくわからないままだ。
Rev.Gなのか、はたまたその次のk8Lなのか。

#FPU増設等、性能関連の話はimpressの後藤さんの記事に詳しく載ってる。

#k8L世代まで行くと同じk8 Athlon64でも、PentiumIIIとPentiumM並に違ってそうだなぁ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/256

コメントする

このブログ記事について

このページは、Lyoが2006年5月23日 00:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「やらなきゃいかんこと」です。

次のブログ記事は「バイト2日目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261