Eclipse 3.1にEclipse Profilerを入れる

| コメント(0) | トラックバック(0)

GAのプログラムのボトルネックを知る必要が出てきたのでEclipse Profilerプラグインを入れることにしたのだが、見事にハマってしまったので自分なりにメモっとくことにした。

結論から言うと
http://sourceforge.net/projects/eclipsecolorer/からプラグイン本体をget
・本体を解凍
・3.1を使ってる場合、ここからpatchを手に入れる必要がある。画面一番下にリンクがあるので全部落とす
・patchを解凍して出てきたprofiler_trace.jar、profiler_ui.jarを本体が入ってるフォルダに移動して上書き
・ここまでやったらeclipseのプラグインフォルダにフォルダごと移動させる
・本体に入ってるProfilerDLL.dllを自分が使ってるjreのbinにコピー(移動だと問題が生じる場合があるらしい)
・eclipse起動
・ボトルネックを調べたいjavaファイルを選んで右クリ→実行→構成および実行
 引数タブを選択してVM引数に-noverifyを指定

自分の場合これでなんとか無事に動きました。


ちゃんとeclipse wikiの内容を全部読めばはまらなかったんだけど、時系列を全部追わないとだめっぽ。

wikiから@ITの記事に飛んでこれだけ読んでたら見事にはまった。patch当てずに起動しちゃうと一回profilerプラグインを丸ごと消さないとだめっぽいです。

---
#追記
#色々いじってみたけど面白い機能が多い!
#methodの呼び出しを視覚化してくるtoolとか見やすくてgood↓

図によると交叉で個体の生成~NI時に頻発する距離の取得部分が特に重いらしいです_| ̄|○
時間があったときに直さねば...。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/271

コメントする

このブログ記事について

このページは、Lyoが2006年6月22日 21:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「連日飲み!」です。

次のブログ記事は「日が空いてしまったなぁ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261