cd コマンド

| コメント(0) | トラックバック(0)

unixを弄ってる人ならもう腐るほど打ち込んでいるであろうこのコマンド。

cd - とか打ち込むとブラウザボタンで言うところの一個前に「戻る」動作になるが
今日初めて数段先まで戻ることも可能だということをirc経由で知った。

zshの場合、単純にcd -[数値]とやれば数で指定した分だけ前のcd結果が反映されるのだが、その前にシェルの設定が必要っぽい。(他のシェルでは出来るのかなぁ?デフォ状態のtcshでやったら怒られた。もしかしたらzsh限定なのかもしれない。)


参考元:zshの設定

# cdでpushdする。
setopt auto_pushd


# pushdで同じディレクトリを重複してpushしない。
setopt pushd_ignore_dups

この2つを追加してcd -うって、tabキー押すと...
通常の補完リストのように画面の下部分に履歴リストが出てメチャ便利!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/283

コメントする

このブログ記事について

このページは、Lyoが2006年7月23日 01:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メイリオフォント」です。

次のブログ記事は「高田@PRIDE 風に 叫ぶ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261