ルートディレクトリが一杯

| コメント(0) | トラックバック(0)

前のエントリで紹介したmuninだが、
実は自分の環境ではmunin-mainのインストールが一回コケている。

理由はタイトルにもあるように/(ルートディレクトリ)の容量不足。
muninというuserを追加しようにも容量不足だyo!と怒られてしまったのだ。

んなバカナーと試しにdf -hと打ってみたら

Filesystem Size Used Avail Capacity Mounted on
/dev/ad0s1a 248M 248M -20M 109% /
devfs 1.0K 1.0K 0B 100% /dev
/dev/ad0s1e 248M 104K 228M 0% /tmp
/dev/ad0s1f 73G 3.8G 63G 6% /usr
/dev/ad0s1d 248M 68M 160M 30% /var

限度容量の109%って...(´□`;)
調べてみたら/root/.cpanが208M、/の83%以上食ってた。
このディレクトリは一体何なんだと調べてたら
初めてcpanシェルを起動したときに聞いてくるbuild and cache directoryのデフォがココでしたorz

早速cpanシェルを起動して
o conf でちまちま設定を変えて
o conf commit で設定反映。

その後.cpanの中身もo conf で設定した/usr/root辺りに退避させてなんとか15%まで減らした。
パーティション区切りにしてもデフォに頼っちゃいかんなぁと思った今日この頃。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/342

コメントする

このブログ記事について

このページは、Lyoが2006年12月 1日 20:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サーバの監視」です。

次のブログ記事は「ダメだぁー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261