サーバの時刻合わせ

| コメント(0) | トラックバック(0)

この前、tracでプログラムの更新履歴を見てたらサーバの時刻がものすごいズレていることに気づいた。

そこで時刻合わせをすることにしたのだが、netで調べてるとNTPという便利な仕組みがあることが分かった。


使い方
ntpdate [NTPサーバが稼働しているサーバ名]

これでサーバの時刻を修正できる。ただし、有名どころの負荷を減らす為、大学や研究機関などの組織からNTPサーバに接続する場合には、自分の組織のものがあれば、それを接続先として選ぶのがポリシーらしい。

サーバを管理してる先生に聞いたところ、ウチの大学の場合、DNSサーバでNTPサーバを稼働しているとのことなのでそこを指定して後はcronで3時間周期であわせるようにした。これでもう9時間ずれるようなこともないだろう(何

#さすがに9時間もずれてると「あまりにずれてるけど、イイのか?」的なことを聞かれてしまった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/374

コメントする

このブログ記事について

このページは、Lyoが2007年1月13日 01:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「うぼぁー」です。

次のブログ記事は「車内でラジオ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261