良い知らせと悪い知らせ

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日言っていた最終面接の結果だけど、受かってしまった。
さて、いよいよ5社の中から絞っていかなければならない。どうしたもんか。


---
最近胃の調子が余りよくない。昨年ぐらいから胃が痛くなる回数が増えてきた気がする。
学校の健康診断で問診したら「症状を聞く限り、十二指腸潰瘍の恐れがあるので一回内科に行って診てもらって下さい」と言われてしまい、今日は丸々一日空いていたので医者に行くことにした。多分胃カメラなんだろうなぁと思い、憂鬱になる。

(今は新人研修中の)desutanが昨年受けたときは口から入れるタイプでやっぱり辛かったそうな。「見て貰うなら鼻から入れるタイプだよ」との言葉を思い出し、調べてみることにした。

FTS フジノン東芝ESシステム株式会社 | 経鼻的胃内視鏡検査可能施設検索

自分はコレで自宅からあまり離れていない医者に行った。
だいたい付いたのが11時過ぎ。やっぱ1回胃カメラを飲まなきゃイカンらしい( ;´Д`)
先に鼻から入れるタイプの医者のトコを調べておいて正解だったかもしんない。とりあえず今日は問診と採血だけで終わった。次回、恐怖の胃カメラです。どうなることやら。

それにしても相変わらず採血がダメだ。血を抜き取られた腕が冷たくなっていく、あの非常に気持ち悪い感覚がどうしてもダメだ。しかも今回はいつもより多めに取られたような気がする。試験管一杯の自分の血を見てると、やっぱり息があがり、気持ち悪くなってしまい、しばらく待合室のトコで休ませて貰うハメになった。

まだ潰瘍と決まったわけではないのに、胃と十二指腸潰瘍用の薬が出た。飲んじゃって平気かねぇと半信半疑で2回ほど飲んだけどかなり楽になってきた気がする。もう少し早めに来てもよかったかもしんない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/406

コメントする

このブログ記事について

このページは、Lyoが2007年4月14日 00:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「就活の状況」です。

次のブログ記事は「胃カメラ前夜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261