鼻から入れる胃カメラをやってきたので、そのときの様子をレポートします

| コメント(2) | トラックバック(0)

gastro_camera.jpg


すげー緊張して全然寝られなかった。
とりあえず忘れないうちに手順とそのとき感じたことを列挙していく。

まず胃の中の泡を消す薬を飲まされる。白い液体で子供が飲むような風邪薬シロップの味がした。

胃の中に万遍なく行き渡るよう、ベッドの上で数回転横にまわる。

次に、鼻の通りを良くする薬を鼻に噴霧される。結構量が多く、喉まで来てしまい、飲んでしまった。

その後、ゼリー状の麻酔薬を鼻から注入される。コレも量が多く喉まできた。鼻の奥と喉が若干痛くなる。

数分放置。

細い透明な管(この管の周りにはさっきの麻酔薬がくっついてる)を鼻につっこまれる。若干ムズムズするが、蓄膿症で耳鼻科に関しては百戦錬磨名自分にとっては余裕。

数分放置。

次にさっきに比べると若干太めの管(実際に入れる胃カメラと同じサイズ)を入れられる。この管の周りにも麻酔薬がくっついてる。やっぱりムズムズするがまぁ平気。

数分放置。先生が来て、管を抜かれて横になる。

胃カメラが遂に来る。液晶モニターに先端の様子が映されるので余裕のある方はココからlive形式になります。

麻酔が効いてるためか鼻~食道手前まで全然感覚無し。

食道にカメラを入れるために飲み込まなきゃならない。コンコンとなにか喉に当たってる感覚がある。
自分の場合、ココで結構手間取った。3回ぐらい"ゴックン"してなんとか食道に入る。(のどが渇いてそう簡単に飲み込める動作を繰り返すことが出来ない)

初めてで緊張していた為、喉の違和感に気持ち悪さを覚える。あの違和感はなんて表現すればいいのだろう、息は出来るのに唾を"ゴックン"と飲み込んだときの"クン"の状態がずっと続くような感じ。

喉の違和感と格闘してる間に胃をスルーして十二指腸に到着。ちなみにこのとき何かを感じるかというと何も感じない。神経の伝達が喉でストップしているような感じだ。

十二指腸の見回り完了。この頃になると喉も"クン"の状態に慣れて、モニターを見ながら先生と質問できるぐらい若干余裕が出てきた。

胃の見回り。朝で空腹だったため腸液が逆流していたらしい。胃の下の方に緑色の液が貯まっているのが見られた(聞くと腸液が逆流するのは病気ではなく、朝とかに見られる生理現象らしい)それにしても胃の方はやけにウネウネとしている。

しばらく見た後、胃の細胞を採取する作業に入った。マジックハンドのちっちゃいヤツが胃カメラの中を通り、モニターの中に登場。胃の壁をつまんでそのまま勢い良く引っ張られる。やられる前にコレって痛いんじゃねぇの!?と心配になったが、痛みは全くなかった。少し、「おぉぅ!?」と思う程度。なんかちょっとやられたかなみたいな軽い感じで済む。(うまく表現できねぇorz)

カメラを胃から取り出す。入れるときはちょっと大変だった食道~喉も出すときは全然楽。そのまま力を抜いてればいいだけ。喉の様子がモニターに移るとものすごい安堵感が得られた。なんだかんだでようやく終わったと。

鼻をかみ、うがいをして、白い薬を飲まされる。白い薬はほんのり甘かった。

しばらく休憩

先生と面談

流れはこんな感じだったかな。結果ですが、十二指腸に若干へこみが見られ、潰瘍ではないかという疑いがあったが、近くで見れるとまだ潰瘍という段階ではないとのこと。また胃の壁が赤く、胃炎を起こしているそうな。みぞおちの痛みの主原因はコレらしい。

とりあえず薬を貰った。採取した細胞の結果が分かるまで2週間ぐらいかかるそうなのでしばらくは薬で治療って感じかな。

緊張はしたが、原因が分かったので受けて良かったと思う。悩み事と心配事もコレでなくなったし。(というか、最近は悩み事が胃カメラになっていた気がするが。)

痛みの原因が分かるなら受けてもいい検査だと思った。喉の違和感にさえ慣れちゃえば、別にもう2度と受けたくないって程の苦痛ではないし。ただあの管より太いとなると話は別だ。もっときついんだろうなぁ。desutanもよく口から入れたもんだ。
オレはあの管より太くなるとちょっと受けられそうにない。


とりあえず昼までは何も食えない。昼飯食ったら学校にでも行くかな。


#医者から記念に写真をもらったので、気が向いたら後でupする。
#追記:upしておいた。上2枚が十二指腸、下が胃の様子。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/408

コメント(2)

そっか、ストレスでここまで・・・・
僕の時は

のどに麻酔を打つ

しばらく放置・・・・

口から挿入・・・・のどに無理やり指を突っ込んだ感じ?

のどが・・・やぱくなる

先生との会話不可能に・・・・

先生がなにかやっている・・・・10分くらい耐える・・・意識が・・・・

ってな感じでした。
胃カメラってトラウマになる人が多いみたいだね!

とりあず、先生をぶっとばすしか解消方法ないじゃないですか?
報告楽しみにしてます!

事前に色々調べてみたんだけどやっぱり口から入れる胃カメラの場合、desutanの言う「のどに無理やり指を突っ込んだ感じ」っていうプロセスが余計に加わっちゃうから辛いのかもしれないねぇ。

鼻からの場合はそんな感覚は全くなかったよ。喉の違和感はどうしてもあるが、まぁまだあれなら我慢できる。

さて、私の最大のストレス因子ですが...今年は極力スルーするようにします( ´Д`)
なんかものすごい出来る子がT研に複数名入ってきそうだし!

コメントする

このブログ記事について

このページは、Lyoが2007年4月16日 10:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「胃カメラ前夜」です。

次のブログ記事は「一人駄菓子祭り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261