修了式だった

| コメント(0) | トラックバック(0)

久々に早起きして朝飯食ったら腹をこわした。
腹痛に耐えつつ式辞を聞くという、ひどい修了式となった。

武道館で修了式を終えた後は、学位記の交付が行われる神田のキャンパスまで移動した。
三越前から徒歩で移動したのだが、少し迷いかけた。なんとか校舎までたどり着いたものの、ギリギリアウトな感じ。当然飯を食う暇すらない。もう少し間の時間をとって欲しかったな。

学位記もらったけど、えらいでっかい。筒ももらったが、おそらく学位記を貰うのは人生で最後となりそうなので、丸めず、折らずに持って帰ってきた。記念に額縁でも買って飾っておくかねぇ。

大学の学部生時代は最後が退学扱いだったため、宙ぶらりんの状態がしばらく続いていたけど、ようやく一区切りついた。合格発表の時点で既に何となく卒業気分だったが、実際に学位記を見ると実感が湧く。なんだかんだであっという間の5年間だったなぁ。

--
院に入学することを昔はそのまま入院すると言っていたらしい。
「入院生活も終わり、娑婆の空気が吸える皆さんは本当におめでとうございます」という挨拶をしていた先生がとても面白かった。

--
交付が終わり、研究室のみんなが集まっていたので飯を食いに神田へ。パーコー麺と日本酒のセットを頼んだ。その後、電化製品とケータイを見に、数人の仲間で秋葉原へ。

店内を歩き回って疲れた後、後輩達と別れて喫茶店へ。ココアがうまかったな。お店では生クリームを入れるのですか。

だいたいこんな感じだったかな。相変わらずスーツをを長時間着ていると疲れる。こんなんで4月から大丈夫なのだろうか?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/685

このブログ記事について

このページは、Lyoが2008年3月19日 01:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「部屋の掃除」です。

次のブログ記事は「遂に携帯電話を変更」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 7.9.3