C7関連

| コメント(0) | トラックバック(0)

PC Watchでも記事が載りましたね

VIA、90nmプロセス/SSE3サポートの「C7」 ~独自の暗号化/復号化エンジン搭載
“C7”を武器にモバイル/家電市場に一石を投じるVIA

記事の中に10円玉と大きさを比較している写真があるけど本当に小さいねぇ。

あとチップセットだけど

 デジタル家電向けには、すでにC7を利用したMini ITXマザーボードの試作を行なっているという。ボード上には、C7用のチップセットである「CN900」と、VIAの新しいPCI Expressに対応したサウスブリッジ「VT8251」が搭載されている。

 CN900は、従来C3用に提供されていた「CN400」のV4バス版で、UniChrome Proと呼ばれるDirectX 7世代のGPUを内蔵している。MPEG-2アクセラレータやMPEG-4アクセラレータが搭載されているのが特徴で、サンプルボードではコンポーネント出力も用意されている。

とのこと。一応PCI Expressは使えるみたいね。
ただ、C7とC7-Mが混在しててちょっと分かりづらい。スライドを見る限り、C7の1.5GHzモデルでファンレス可能らしい。でかいヒートシンク付けてその上に12cmファン電源を置けば1.8GHzでもファンレス運用できそうだな...。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/41

コメントする

このブログ記事について

このページは、Lyoが2005年6月 1日 00:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人の死について考えてみる」です。

次のブログ記事は「Eclipse3.0.2を試す。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261