DBI

| コメント(0) | トラックバック(0)

ん~、簡単なcgiアプリを作るだけだったのに一日でおわらなかった。
久々にcgiを組んだような気がする。エライはまってしまった。


以下、復習用自分流SYNOPSIS。

use DBI;

(中略)

my $DB = "hoge/fuga.db";

#SQLiteの場合(userの概念などがないらしい)
my $dbh = DBI->connect("dbi:SQLite:dbname=$DB", "", "")  
or die $DBI::errstr;


my $sth = $dbh->prepare($sql) or die $dbh->errstr;
$sth->execute(@args);                      #$sql内の?をargに置き換えてくれる
my $hash_ref = $sth->fetchrow_hashref;            #実際にデータ取得


#prepare~executeをまとめて実行(deleteやinsert文とか)
$dbh->do($statement, \%attr, @args);

あとTTもかなぁ。SledgeのときはTTオブジェクトの生成とか全然気にしてなかったが...

use Template;

(中略)

my $template = Template->new({INCLUDE_PATH => '/hoge/hoge'});

my $file = 'sample.html';


my $vars = {
  var1 => $value,
  var2 => \%hash,
  var3 => \@list,
  var4 => \&code,
  var5 => $object,
};


#sample.html内のvarXをvalueにそれぞれ置換
$template->process($file , $vars) or die $template->error();

今回はSQLiteを使ってみたが、db格納のファイルのパーミッションの設定を忘れてはまりかけた。というか見事にはまりました(´Д`ι)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/289

コメントする

このブログ記事について

このページは、Lyoが2006年8月 1日 01:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アセンブラから逃れたくて...」です。

次のブログ記事は「なんか大変なことになってきた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261