tracではまりました

| コメント(0) | トラックバック(0)

内部サーバでバージョン管理できるようにしてみたのだがえらいはまった。


とりあえずportsからSubversionいれてレポジトリ作る
同じくtracいれて雛形作成。


とりあえずココまではok。tracdでブラウザでアクセスして問題なく表示。

問題はこの先。
高速化しようとmod_pythonか前にやったfastcgiどっちを組み込むかで悩む。netで検索したら以下のエントリを発見。

k.fukuda’s “easy hacking” mod_pythonはApache2.2に未対応より

ネットを検索したら、どうやらmod_python3.2.8がApache2.2に対応していない模様。

なのでportsのwww/mod_pythonでインストールすればそれに適したapacheを入れてくるかなーと思ったんだが
/usr/local/lib 以下のlibapr-1.so.2あたりが消えてしまった(´Д`;)

結局mod_pythonをdeleteして(最終的にSubversionもpkg_deleteの嵐に巻き込まれたorz
再びレポジトリー作成してapache22を入れてfastcgiを組み込んだ。


とりあえずレポジトリーの作成はメチャ速くなった気がする。そんな一日。


---
余談だが
/usr/local/etc/apache2/httpd.conf と
/usr/local/etc/apache22/httpd.conf は激しく間違えやすい(´Д`)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/328

コメントする

このブログ記事について

このページは、Lyoが2006年10月27日 19:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「FreeBSD で Cool'n'Quiet → Athlon64が62MHz駆動?」です。

次のブログ記事は「iTunes Music Store すげぇ...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261