puttyでConsolasフォントを使うと日本語が潰れる件の続き

| コメント(2) | トラックバック(0)

前回の続き。
なんか日本語だけ汚いのが許せなくてあの後、puttyのレジストリもいじってみたが、自分の環境下では改善しなかった。


結局どうしたかというと、fontのサイズを8ptにしただけ。日本語が潰れない、あの見慣れたMSゴシックがよーやく表示された。

Consolas2.jpg

フォントリンクするとConsolas 8ptに対してMSゴシック9ptがくっつくっぽい。
puttyに限らず、notepadでもFontLinkされたフォントの拡大のされ方がちょっと変。やっぱりなんか通常のMSゴシックと比べると太くなるし。挙動がビットマップフォントのようだ。


サイズを変えたいと言う場合は自分でフォントファイルを生成するしかないかも。

WindowsのフォントスレッドVer.16より

818 :HDDもメモリーもダイエットしなきゃ[] :06/10/12 00:23 ID:yX3PBDr9 英字フォントと Meiryo をフォントリンクすると、Meiryo の日本語が小さくなってうまくいかんって人をよく見るんで、やり方まとめてみた。


例えば Consolas とフォントリンクする方法

①ttfname3 で meiryo.ttc と Consola.ttf から xml ファイルを取り出す。(meiryo.xml, Consola.xml)
②Consola.xml の Ascender, Descender, TypoAscender, TypoDescender, WinAscender, WinDescender の値を、meiryo.xml の該当部分にコピペする。AverageCharWidth は MS ゴシックなどと同じく、縦の長さの 1/2 とする。
 Ascender="1521"
 Descender="-527"
 TypoAscender="1521"
 TypoDescender="-527"
 WinAscender="1884"
 WinDescender="514"
 AverageCharWidth="1024"(=(1521+527)/2)
 ※今回作るのと混在してオリジナルの meiryo も使う場合は、ここでフォント名などを変更しておく。
③meiryo.ttc と meiryo.xml から ttfname3 でフォントを作成。
④作ったフォントと Consolas をフォントリンクする。
 [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontLink]
 "Consolas"="meiryo.ttc,メイリオ"


Consolas の方の値をいじっても出来るかもれないが、やってみてないんでわからん。

まぁ、個人的にはConsolas 8ptでも読みやすいと感じているので、しばらくはこの設定でいきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/395

コメント(2)

便利に参照させていただいています。
\SystemLinkを加えて、以下が正解ですね。

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontLink\SystemLink]
"Consolas"="meiryo.ttc,メイリオ"
(REG_MULTI_SZ)

スレッドの書き込みをそのまま引用していましたが、\SystemLinkが抜けちゃってましたね..。
ご指摘ありがとうございます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Lyoが2007年3月22日 18:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高校の同窓会でした」です。

次のブログ記事は「Windows上のEclipseでUnix用のPerl(or LL)アプリを開発するためのTipsを試した。(その2)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261