黒い画面(コマンドプロンプト)が一瞬だけ表示される件

| コメント(3) | トラックバック(0)

ここ最近、1週間ぐらいぐらい前からだろうか。
研究室のPCでも自宅PCでもwindowsを動かしてると、時々黒い画面(コマンドプロンプト)が一瞬だけ表示され、すぐそれが消えるという謎の現象が発生し始めた。もちろん、ウイルスやマルウェアにかかった覚えはない。しかも困ったことにいつそれが起動されるのか全く分からないのだ。あるときはfirebirdでnetをまわっていたとき。あるときはwordで文章を書いていたとき。といったように特定のアプリに依存しているわけではないようだ。

なんでだろうと思い、調査し始めたので分かった部分だけでも紹介しようと思う。

自宅の方で色々調べてみたところ、conime.exeというプロセスが毎回、黒い画面が消えた後に必ず残っていることが分かった。調べてみるとconime.exeはコマンドプロンプト用のIMEらしい。コマンドプロンプトが死んでもこいつは生き残るとのこと。(試しに手動でコマンドプロンプトを実行してみるとたしかにconime.exeも起動されるようだ。しかもほぼ同時に。)
結局なにかしらのプロセスがcmd.exe(コマンドプロンプト)を立ち上げたために、conime.exeが残ったのだろう。
じゃあ、結局一体どのプロセスがcmd.exeを立ち上げているのだろうか。


-もっと深く調べるために用意したもの
 Process Explorer for Windows v10.21
こいつで、例の黒い画面が出てきたときに何が起こってるのか調べてみようという考え。
研究室でDB英語本を翻訳しながらまったり、待つつもりだったが意外にもそいつはすぐに現れた。(by 戸愚呂兄

黒い画面が現れた瞬間、GoogleDesktopIndex.exeが動きを示したのだ。
GoogleDesktopIndex.exeとconime.exeを比べてみた。

process_state_graph.jpg

(上がconime.exe。下がGoogleDesktopIndex.exe)
conime.exe起動のタイミングがかなりGoogleDesktopIndex.exeに近い。
ちなみに、この後PCで立ち上がっている全てのプロセスについてconime.exeと比較してみたが、conime.exeが起動した付近でグラフに変化があったのはexplorer.exeぐらいしかなかった。GoogleDesktopIndexが犯人なら冒頭でちょろっと言った"いつ起動されるのか全く分からない"という点も納得できる。アイドルになったときに動き始めるのだから。

とりあえず研究室か自宅のどちらかでGoogleDesktopを一時的に消して様子を見ようかなぁと思う。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/428

コメント(3)

なるほど GoolgeDesktopか。
ってか私も最近気になっていたので追伸(追記?)
お待ちしてます。

toshiki先生もですか。
一応継続してモニタリング中ですが、なんか最近windows updateがあったわけでもないのに急にこの現象が発生しなくなったような気もします。ただ、相変わらずアイドル状態でしばらく放置するといつの間にかconime.exeが立ち上がっているので結局は同じコトなのですが...。

弊PC(Win7、Firefoxブラウザ)も昨日から出現。偶々かもしれないが、Youtubeに接続してダウンロードをしたときに、画面上に<google adds>のポップアップが表示された。それ以降DOS画面が時々瞬間表示されるようになった。
再起動したら一旦消えたが、Youtubeを開いたらまた現れたので、当該サイトとGoogleとの間で何かしているのでは?と疑ってます。一応ファイアウォールをかけてあるので最低限の防御はしてあるのですが、何か気持ち悪いですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Lyoが2007年5月28日 15:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「誕生日(だった)」です。

次のブログ記事は「Javaでreduce(l|r)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261