「蟹に誘われて」、「枕魚」読了

| コメント(0) | トラックバック(0)

panpanya2.jpg本屋でこの「枕魚」を見かけて、表紙がすごい気になって買った。

ここ最近では一番のヒットかもしれない。背景がすごい印象的な漫画。けど、日本の何処かにこういうところが在りそうだと思わせる不思議な雰囲気がある。横尾忠則の絵画「暗夜行路」シリーズを観たときにもそういう感覚があったように思う。この印象的な、どんよりとした背景と落書きっぽい主人公との対比がまた良い感じだ。
ストーリーも面白く、可笑しな設定が当たり前のように前提となって話が進行して行く様はまるで短編小説を読んでいるかのようだ。一話ごとに完結しているので一気に読み終えてしまった。前作の「蟹に誘われて」もこのあとすぐに購入したが、やっぱり面白さは変わらなかった。
個人的には「方彷の呆」や「ニューフィッシュ」など、ちょっと不気味な話が好きだ。

あと各話の最後にある作者の日記も印象に残る。読んでいて思ったのは作者の感受性の高さ。自分が今まで気に留めなかったこと、気になってはいたけどスルーしていたことに言及していて、普通の人が無視するようなことにも目を向ける人なんだなと感じた。
次の単行本が出たらまた買いたい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hoge.sub.jp/blog-cgi/mt/mt-tb.cgi/683

コメントする

このブログ記事について

このページは、Lyoが2015年8月14日 18:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新装版リファクタリングを読んで」です。

次のブログ記事は「HHKBをBluetooth化させる(小型化編)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261